About CCH Internation Medical Center

国際医療センターの紹介

彰化キリスト教病院は台湾中部に位置します、西暦1896年にイギリスの宣教師ラン・デイビッドとメイ・ジアンウ牧師によって設立され、台湾では極めて特色を持つ教会病院であり、現在では100年の歴史を持つ台湾で唯一の医療センターであり、国際医療品質最高標準のJCI合同機構国際認定(Joint Commission International)によって認定された病院でもあります。

もっと詳しく

生殖医学センター

Reproductive Medicine Center

『妊娠成功、私たちの責任』

彰化キリスト生殖医学センターは、国家品質認証の獲得とアメリカ病理学者協会(CAP)認定の人工的生殖機関に合格するため、台湾産婦人科学会の前理事長である蔡鴻徳教授は、優秀且つ専門的な医学研究チームを率いて、チームや分野を超えての全方位な不妊治療を提供しています。弊院の試験管ベビーは、世界レベルを超える50%の高い妊娠率を持っています、さらにチームは、国家品質認証とCAP認定の遺伝子医療学部が後ろ盾となり、不妊夫婦が健康な赤ちゃんを産むのを手助けしています。

もっと詳しく

臓器移植センター

Reproductive Medicine Center

「皮は我が身に植え、愛は我が心に植え」という「親身となる愛」の精神

彰化キリスト教病院は1896年に創立され、1928年からの「皮は我が身に植え、愛は我が心に植え」という「親身となる愛」の精神を引き継ぐため、2000年に、訓練を受けるため、医療チームをフランスの臓器移植パイオニア病院に送り、同じ年に臓器移植センターを設立し、並びに衛生署の臓器移植病院の認証に合格しました。 肝腫瘍手術では、更に高き学術並び技術能力を持つ専門病院となります。肝臓手術の進歩と様々な研究の結果は、間違いなく世界的に有名な医療センターに負けないでしょう。

もっと詳しく

低侵襲性と内視鏡脊椎手術センターの紹介

Reproductive Medicine Center

低侵襲性と内視鏡脊椎手術技術は革命的な医学の突破であり、ハイテクと芸術を組み合わせた手術です。まるでムカデのような傷跡を小さな切り口に変え、術後の痛み、入院期間、および医療費が大幅に改善されます。しかし、低侵襲性脊椎手術は相対的技術性が高く、通常な外科医師が行うようなことではない、安全で確実な状態で低侵襲手術を行うには、専門医療を持ち及び完璧な設備環境での訓練が必要です。

もっと詳しく

全方位乳房腫瘍センターの紹介

Reproductive Medicine Center

11998年に「乳房腫瘍医療チーム」を設立、乳房腫瘍センターは成長と発展を続け、優れた社会的および経済的メリットを生み出し、患者がより良いサービスとセンターの発展を持つため、病院リーダーの関心と支援の下で、2000年「全方位乳房腫瘍センター」正式に改名、海外の科を跨ぐチームワーク概念を弊院に着実実施、患者中心のサービス目標を遵守し、民衆に便利な医療施策を発展し、そして全方位の高品質サービスを提供します。

もっと詳しく

関節再生センターの紹介

Reproductive Medicine Center

人工関節置換術は、20世紀の最も重要な医療技術の1つと言えるが、人工関節置換術により、関節痛を効果的に改善し、日常生活機能を回復させることができます。健康品質研究機構(Agency for Healthcare Research and Quality)の統計によると、アメリカでは毎年60万人を超える人々が膝関節置換術を受けています。 台湾の衛生福利部中央健康保険庁全民健康保険医療品質の情報公開ネット資料によると、2017年台湾では、25,000人以上が人工膝関節再建術を受けました。

もっと詳しく