回首頁關於我們醫療服務就醫需知旅遊與生活資訊聯絡我們
選擇語言版本 繁體版
簡體版
English
日文版

生殖医学センター
臓器移植センター
健康管理センター
 首頁  生殖医学センター


当センターは、台湾衛生署(厚生労働省に相当)の評価に合格した生殖補助機構です。人工授精(AIH)、体外受精(IVF-ET)、顕微授精(ICSI)、顕微孵化法(assisted hatching)、胚盤胞培養(Blastocyst culture)及び、胚・精子バンク(Embryo and Sperm banks)などの臨床サービスを提供しています。体外培養技術の点では、卵母細胞の体外成熟培養及び、前胞状卵胞(preantral follicle)の体外成熟の研究を行っています。冷凍保存技術の点については、様々な段階における胚の冷凍保存と、睾丸組織の冷凍保存を含む項目の研究を行っています。また、他部門と協力して行う開発及び研究項目に、細胞遺伝研究室と提携して研究を進めている着床前遺伝子診断(preimplantation genetic diagnosis)があります。

人工生殖技術において患者に最良の医療品質を提供することを堅持する以外にも、患者を中心にした環境づくりを行って、暖かく快適な受診環境を提供しています。専用直通エレベーターで、当センターにお越しいただける他、不妊症外来、注射室、採精室、採卵室及び、人工授精室などが同一フロアに設計されており、患者があちこち移動することなく、プライバシーの守られた快適な環境の中で、安心して診療・治療を受けていただく事ができます。


先人たちの優れた実績の上に、現在、蔡鴻徳教授(前に・台湾産婦人科医学会理事長、前・生殖補助医学会理事長)が修士レベルの医師チームと、博士・修士レベルの研究スタッフ・技術スタッフを率いて、共同して生殖補助医学の関連領域の研究に励んでいます。

 医師:蔡鴻徳医師、葉光芃医師、呉成玄医師、呉信宏医師

 技術員:謝佳霓、吳翠篁、李開嵐

 相談員:湯琳玉

 研究員:楊爵閣研究員、張美恵助手、徐佳琳助手


 当院の産婦人科は多くの経験豊富な主治医を擁しており、婦人科関連の疾病の診察治療及び、妊婦の妊娠期間のケアを行っています。
 陳明医師を中心とした遺伝子アドバイザリーセンターでは、妊婦の方に充実した遺伝子検査項目と優生アドバイザリーサービスを提供しています。2006年には、国家バイオテクノロジー医療品質賞銅賞を獲得いたしました。
 謝聡哲医師、許貴程医師を中心としたハイリスク妊娠チームが妊娠中の妊婦検診と分娩を行います。


 高い成功率
  当センターの妊娠率は44%となっています。国内外の無数の不妊症をお持ちの夫婦の皆様の妊娠・出産の願いを叶えるため、設備と技術、そして経験を積み重ね、妊娠成功率は上昇を続けています。
(妊娠成功率は女性の年齢、卵巣機能、精子の質、胚の質、顕微授精方法及び身体状況などの要素に関係します。)
 短い治療時間
  治療時間を短くした体外受精技術の発達により、月経1日目~3日目から14日以内の短いスケジュールで治療を行います。子作りとバケーションを兼ねる事ができ、便利でスピーディです。

 手術の流れ
 
1. 採卵手術は、通常排卵誘発剤の注射後約32時間から36時間後に行われます。術前は少なくとも8時間の絶食が必要となります。
2. 医師はまず、患者の外陰部と膣の消毒を行います。その後、大量の生理食塩水を使用して膣を洗浄します。
3. 採卵の時間は約10分余りから20分余りです。患者には軽い全身麻酔か局部麻酔を施します。
4. 麻酔後、医師は超音波のプローブと採卵針のカテーテルを膣内に置きます。始めに超音波検査を行ってから採卵針を使用し、超音波のガイドによって卵巣の卵胞内容液を吸い出します。これが、採卵手術です。
5. ごく少数の患者は重度の骨盤内癒着、或いは癒着による卵巣の位置のずれなどのために、膣からの採卵が難しい場合があります。その場合は、腹腔鏡による採卵が必要となります。
 術後のケア
 
1. 術後、膣に微量の出血が見られる場合、医師は膣にガーゼを挿入します。お風呂の前、または就寝前に取り出してください。
2. 膣から大量の出血があったり、発熱、呼吸困難、腹部の激しい痛み、或いはその他体調の変化がある場合、すぐに病院にお戻りください。

 手術の流れ
 
1. 卵子と精子を採取した後、体外受精を行って胚を作ります。胚を2~5日培養し、成長させた後、膣から母体の子宮に胚を移植します。
2. 胚移植時には麻酔は必要ありません。当日は尿を溜めておく必要があるため、手術の二時間前から排尿をしないようにしてください。食事は、とってもかまいません。膀胱に尿を溜めておくと、胚移植に有利となります。
3. 医師はまず、外陰部と膣の消毒を行います。それから大量の生理食塩水で膣を洗浄します。胚移植の時、医師は膣鏡で膣口を広げ、カテーテルを挿入して、胚を子宮に移植します。これが胚移植手術です。
 術後のケア
 
1. 移植後は2時間ほど横になってお休みしてから帰宅してください。
2. 移植後から2週間は、胚の着床を助けるため、毎日黄体ホルモン薬剤を使用します。
3. 2週間後に病院までお越しいただき、妊娠確認の採血検査を行います。

一般に体外受精技術における採卵時間は約10分余りから20分余りです。現在はほとんど比較的安全な浅い麻酔が採用されており、患者は自然呼吸が可能で、気管挿管の必要はありません。麻酔のリスクには、代謝性アシドーシス、肺炎、低換気、支気管痙攣、低血圧、不整脈、心停止、肺水腫、麻酔薬アレルギーなどが含まれます。採卵中は医療スタッフが患者のライフサインと呼吸状況を絶えず注意し、合併症の発生防止に細心の注意を払っています。

電話によるお問い合わせ→月経初日から3日以内に外来受診→排卵誘発→採卵、採精→胚移植
治療には、およそ計2週間かかります。外来治療を採用しておりますので、入院の必要はありません。


 月曜日~土曜日 午前8:30-12:00

 

   国際医療お問い合わせ電話番号 (中国語)+: +886-4-7238595 內線8371  (英語) +886-4-7009699    
 彰化キリスト教病院 国際医療センター 版権所有 © 2008 Changhua Christian Hospital All Rights Reserved.  無障礙A+標章
RSS  再生回数 989517  オンライン表示 5人